今  ポチが聴きたいだけ(^^)♪

  • 『炎天夏』MV(FULL ver.)
  • 「睡蓮花」MV
  • スピッツ / 君が思い出になる前に
  • ケツメイシ さくら 重低音強化
  • 福山雅治 家族になろうよ パラパラ漫画
  • Sayonara daisuki na hito (さよなら 大好きな人)
無料ブログはココログ

« 北陸ツアー つづき① | トップページ | 北陸ツアー つづき③ »

2015年10月23日 (金)

北陸ツアー つづき②

『本家・上時国家』に到着で~すsign01
Img_1129 Img_1130
ここは国指定 重要文化財(建物)なんだってさ。

時国家の由来は、

今から800年の昔、平清盛の義弟平大納言時忠は、平関白ともいわれ、平家一族の実質上の統領であった。
源平の合戦で平家が滅亡した際、時忠は神器の帰座の功により特別の計らいで能登に配流となり、配所で没した。
その子時国は近隣の村々300石を統治し、館を構え、江戸時代には天領の大庄屋を務め、苗字帯刀を許された。
このころ第21代当主は、現在に残るこの豪壮巨大な屋敷を築き、第25代当主が現在もこの屋敷と伝統を守っている。

と書いてあるけどポチにはよく解らないのね、歴史苦手coldsweats01

建物はおよそ180年前に建造され完成までに28年掛かったんだってさ~
完成した頃は、最早新築ではないじゃんsign02

Img_1131 これは大納言の間と言って大納言の格式を表す縁金折上挌天井
中納言の人は入れないんだって説明されたなぁconfident

もっと沢山camera撮った積りだったけどこれしか無かったsweat01


続いては、
Img_1133 Img_1136 
『あげ浜塩田』
ここは道の駅『すず塩田村』に隣接する塩田で海水から塩を採取する昔ながらのあげ浜式って方法らしいのよ。

Img_1141 この桶を天秤で担いで海から海水を運んだんだって。
ポチJrが担いでるのは小さい桶の方で隣にあった大きい桶は36㎏で天秤で担ぐと72㎏。
ポチが担いでみたけどギブだったbearingsweat02
ポチは現在バーベルスクワット80㎏を10回こなせるんだけどやはりコツがあるみたいなのね。
いきなりのシロウトさんには無理だったね。
Img_1140 Img_1139 

海水を塩田にぶちまけて水分が蒸発したら釜で煮詰めると塩が出来るんだけど天候が悪かったりすると乾燥出来ないから生産量が減ってしまうらしいんだ。

塩田を見学したら塩の資料館も見学。
Img_1144 Img_1135 入口通路には岩塩が展示してあったので舐めてみたらしょっぱかった、当然かsign01(良い子はマネしないでね)

Img_1134 Img_1143


塩茹でしたじゃがいもを頂いたので食べたけどもの凄く美味しかったですのdelicious
塩が濃くてしっかり味がついていたですよ。

ここはJr達も楽しめたようで良かったよねhappy01

Img_1145 Jr達は疲れてお昼寝してるけどバスはドンドン行きますよ~note







・・・・・つづく







































« 北陸ツアー つづき① | トップページ | 北陸ツアー つづき③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸ツアー つづき① | トップページ | 北陸ツアー つづき③ »