今  ポチが聴きたいだけ(^^)♪

  • スピッツ / 君が思い出になる前に
  • ケツメイシ さくら 重低音強化
  • 福山雅治 家族になろうよ パラパラ漫画
  • Sayonara daisuki na hito (さよなら 大好きな人)
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月11日 (日)

2016年収支をざっくりと

2016年ももう終わりだよねぇ~happy01

kabuの方は長期熟成中なので取引はしてないsweat01

なので、今年は株主配当金と貸株料だけの収入なのね。

正式な年間取引書が発行されて無いので参考値だけど計算してみたんだね。

それがこちらsign01
6税引き前で¥2,400円
税引き後だとshine¥1,914円shine

この他に貸株料が月に幾らか入るのでもう数百円+αになるかな。

正式な年間取引書が発行されたら恥ずかしいけど備忘録としてまた報告します。


んで、長期熟成中の保有株だけど最近やっと戻りつつありますよ。

2 3

こんな感じです。

日々ちょこっと戻してます。

2016/10度で¥83,515円、2016/11度で¥159,413円プラスでした。

2016/12度もこのまま行けばプラスに成るはずなのね。

だけど勘違いしたらダメなのねcoldsweats01

プラスではなくマイナスが縮小しているだけだもんねhappy02



その証拠がこちらね。
4 5
特定口座では

神戸鋼(5406)こんだけ毎日戻してるのに¥-130,600円sweat02

KABU.COM(8703¥-51,000円、これはメイン取引証券会社なのでマイナスでも取引手数料割引になるから売らないよconfident

NISA口座では

東芝(6502)shine¥+170,000円shine、これはやっとプラ転してきたhappy01

タカタ(7312)¥-70,400円

保有数が少ないのにガツンと下げてしまったから戻りもちょこちょこって感じ。

東芝(6502)さんと相殺出来るように成ったらマイナス銘柄は一旦清算しないとね。

もう少しだぞ、頑張れsign03


おすまい












2016年12月 3日 (土)

今度はバックステップ付けてみたよ。

10月に発注しといたnewストライカーshineバックステップshineが届いたので取り付けてみましょうhappy01

今回はAmazonmoneybagしたですよ。

定価は税別でyen45,000円(税込48,600円)もするので手が出ないな~って思ってたらAmazonflair激安品ハケーンsign03
Img_3860 Img_3861

指がマッハで動いて即、お買い上げだよねhappy01
Photoはいこちらsign01税込みでshineyen35,399円sign03shine
これは新品価格ですよ。

あり得ない程お安い価格なのですconfident

なんでこんなに安いのかちょっと心配になったくらいだよ、も~happy02

では早速取付について紹介していきましょう。

先ず取説系はちゃんと読まないとねconfident
Img_3867 Img_3868 

Img_3869 Img_3866 
説明書きはこの3枚だけだったよsweat01

ちなみに裏面は白紙なので文章はこれで全部だよね。

そして中に入ってた商品は袋には入ってるんだけど閉じてないものが殆どなので油断すると箱から出す時に袋からこぼれ落ちて傷が着くですよ。

取説が少ない上に説明も最低限のことしか書かれていないので非常に解り辛いんだね~sweat02

【取り付け注意事項】の図面に関してはZRX1100/DAEG用だしbearing

取説は一通り読んだけどよく解らないのでネットの先輩達のブログを拝見しながらセコセコ仮組したよね。
Img_3944 これで合ってるんだかどうだか半信半疑だけど取り敢えずできた。

ネットの先輩達のブログを参考にネジロック剤とストレートアルミステー、そしてボルトとナットを別に購入。

Img_3943 Img_3932 
Img_3942どこに使うかはあとで説明しますね。

はい、では仮組が出来たので早速CB子に取り付けてみよっかなhappy01

Img_3870 先ず基本の純正左ステップから始めま~す。
何故なら左の方が簡単だからで~す。

Img_39461シフトチェンジペダルを固定している六角ボルトを外します。
Img_39462シフトロッドを繋いでいるナットを外します。
これでシフトチェンジペダルは外れたよね。

Img_39471ヒールガードを外します。

どのボルトも9年間外したことが無かったのでガチガチに硬いかと思ったけど意外に簡単に緩んだよね。

そしたらいよいよバックステップを付けて行くですよ。
Img_3948 Img_3961 
先ずオフセットプレートを付けちゃいます。

オフセットプレートとフレームの間にカラーを入れるんだけどカラーの一部が面取りされているです。

この部分がフレームの溶接の出っ張り部分に来るように合わせて取り付けるですよ。

位置が決まったらお好みでネジロック剤を塗って取り付けるです。

バイク用品店ではyen1,000円前後するネジロック剤だけどそれだと量も多いし値段も高いのでポチはお近くのホームセンターでyen200円ちょっとで購入したですよhappy01
ネジロック剤は低・中・強強度の3種類有るけど低又は中にするですよ。

強だと外れなくなる恐れ有りです

Img_3950 オフセットプレートが付いたら仮組しといたバックステップを付けてみるんだね。

ポジションは取り敢えず適当に合わせて取り付けたらペダルの位置を調整します。
Img_39501 調整はシフトロッドの両端のナットを緩めてシフトロッドをクルクル回せばペダルの高さが変化するんだね。

気を付けないといけないのはチェンジシャフトとシフトロッドの繋ぎ目、シフトロッドとピロボールの繋ぎ目の部分のネジ込み量が少ないと使用中に外れてしまう恐れがあるってことsweat01

位置が決まったらナットを固定するです。

10㎜のスパナが2本必要ね。

ネジ山が逆ネジに成ってる物もあるので要注意だよ。

ポチはチェンジシャフトとシフトロッドの繋ぎ目のナットがサビサビだったので別途購入した24Kメッキのナットにこっそり交換したんだねconfident

仮組で問題が無ければ必要なボルトにネジロック剤を塗布して本組しちゃって下さい。

左側はポン付けなので意外と簡単だったよね。

今度は右側のブレーキペダルだよね。
Img_3871 こちらが純正のブレーキペダル側です。

こっちはちょっと厄介ですよ。
Img_39541 先ずヒールガードを外します、ってかこれを外す前に
Img_39542 こっちのマスターシリンダーを固定している六角ボルトを緩めておいてね。
ヒールガードを外してからだと動いちゃってやり辛いからさ。

Img_3956 Img_39581 
六角ボルトを外して手前に引いて(外して)前輪側から見たのが左の写真でそれを上から見えるように90℃傾けたのが右の写真です。

赤○のスプリングはブレーキランプスイッチ用として再利用しちゃいますよ。

Img_39582 こっちの太いスプリングは使用しないので外さなくて良いです。

Img_39583 そしてマスターシリンダーと繋がってるこの割りピンを外します。
Img_3960 Img_39601 
割りピンを外すとこんな感じになります。

くれぐれも赤○部分のナットを緩めないで下さいね。

調整が大変に成っちゃいます。

基本、割りピンを外したままの状態でそもままピッタリ合うはずだから。

Img_3963 はい、ブレーキペダル側が外れた状態です。

バックステップを仮付けしてみようsign01
Img_3962 こんな感じだけどブレーキスイッチのケーブルの取り回しが純正のままだと厳しいので変更したのね。

Img_39661 純正はこのシャフトの下側を通っているんだけどこれだとケーブルが折れちまうんじゃないかってくらい曲がっちまうので、
Img_39671 上側を通しましたよ。

Img_3973 そしたらマスターシリンダーの先をバックステップに付属してきた割りピンを使って取り付けます。

そしてブレーキランプスイッチをハメてスプリングを繋ぐです。

だけどポチの場合ブレーキペダルを踏む前からランプが付きっぱなしだったので調整が必要だったのね。

Img_39644 この赤○部分のギザギザの所を回して高さを上下させて調整するです。

結構シビアなのね~sweat02



Img_39681 Img_3969 
ステップ位置は左側と同じ位置に設定したけどバックステップだけにバックしてるんで赤○のブレーキホースがこれでもかってくらい窮屈に成っちゃうのね。


そこで登場するのが初めに紹介してたアルミステーだよねhappy01
Img_393360㎜ストレートステー、穴と穴の間は40㎜で厚さは3㎜ですよ。

このステーを使ってブレーキオイルリザーブタンクを後ろにズラすです。

Img_3936でもそのままでは穴が合わず付けられないのでヤスリでサクッと削っちゃいます。

Img_3937 Img_3940 
はい、ピッタリになりましたねhappy01

アルミなので簡単に削れましたよ。

Img_3971 どうでしょうかsign02

ブレーキホースがかなりノビノビ楽にくつろいでるよね。

この固定部分に先に紹介した24K六角ボルト・ナットを使用したです。

Img_3952 Img_3942_2 

左のボルトが純正のボルト、6M×15 p1.0 ですね。

ポチはアルミステーの厚み分を考慮して6M×20 p1.0 を購入したんだけどちょっと長すぎちゃって失敗しましたcoldsweats01

ナット噛まして調整しちゃったけども。

純正と同じ 6M×15 p1.0で大丈夫です。

24Kにしたのはただカッコ良いからなのねhappy02

もう一つ、ちょっと心配なのは、

Img_39721後ろにバックしたらリアサスにギリギリになってもーたsign01

サスの上下動作で干渉しないか心配だわ~。

結構ガタガタ走ったけど今のところ問題無いんだけども。

60㎜ではなく50㎜ステーの方が良いと思うです。


ブレーキ側も仮組チェックが終ったらネジロック剤を必要に応じて塗布して本組して最後にヒールガードを取り付けたら出来上がりですよshine

ステップの位置とかペダルの位置とかのポジションは走って微調整すれば良し。

Img_3974 Img_3950_2 

Img_3978 Img_3979 

こんな感じに成りました。

ブレーキ側の全体camera忘れたけども。


後日チェンジペダルが高過ぎたんで少し下げました。

ステップがバックしたお陰で走行中にお尻がシートの前にズレて行くことが無くなり快適ですよ。

足も窮屈では無いです。



おすまい































































































« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »